--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
12.19

今月購入ゲーム

Category: いろいろ

とびうおです。
今月はじゃじゃん。「見上げてごらん、夜空の星を」を購入しましたです。

というかそれしか気になるものがなかった。

ころげてプレイ以来ずっと気になっていた制作陣がまた集結してゲームを出すということ、
個人的に天体が好きだということ、
があって情報公開時から即購入を決め予約!そして実は体験版も未プレイだったりします。

年末年始は大忙しなので感想はあげられないかも。
乙りろも延期しちゃったことですし、のんびーりやっていきたいと思います。


とびうお
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
11.12

プライマルハーツ2感想

Category: れびゅー

Comment:0  Trackback:0
2015
11.06

サクラノ詩感想

Category: れびゅー
サクラノ詩感想。


一週間ほど前プレイし終えました。大作でしたね。
好きなキャラクターは
プレイ前→里奈ちゃん 体験版プレイ後→雫 全攻略後→雫 という感じでした。

オススメ攻略順はあってないようなものですが、
稟→真琴→里奈→百合→雫→→藍 ですね。

以下ネタバレあり感想です。




中々評価しづらい作品でしたね。

里奈ルート以降伏線(と呼んでもいいのか?)を回収していくのは大変面白かったです。
ただ、そこに到達するまでにこの作品が伝えたい事や、どういった作品なのか、
これがイマイチ読めないのでプレイが結構大変でした。

簡単な個別ルート感想。

・稟

その後の展開が結構長くて、内容あんまり覚えてない。
吹がどのような存在なのか、それが中心に描かれているお話でしたね。
吹については雫ルートで再度触れるとして……。
トゥルーエンドまでプレイした後改めて見直してみると、
このルートは果たしてハッピーエンドと呼べるのか、そう思えてきました。
序盤に攻略できるルートということも相まって、あまり根幹に触れられていないルートですが
それでも一つのお話として完結してあり、クオリティは中々高かったと思います。


・真琴

Ⅴであの展開するのならば、真琴個別内容の根幹に圭という存在が関わってきているのだし、
圭を積極的に出し彼の心情をもっと全面に出せたらよりキャラクターに深みが出たのではないかと思います。
全ルート通して一番見通しの甘いルートだったなあと思います。
ただ服透過のくだりは最近みたギャグの中で最も笑いました…w


・里奈ルート及び百合ルート

この2つのルート。
私はどちらの結末がいいかと聞かれたら、百合ルートだと答えます。
いやもう里奈は主人公じゃなくて優美に預けた方が幸せになれるんじゃないか!?

独特なタッチのイラストに物語風な語り口調で語られる優美視点の2人の過去。
(ここで使われている素材やED素材は絵師さん違うみたいですね)
演出が細やかで視覚的な面白さもあるルートでした。
「伯奇」「千年桜」等サクラノ詩という作品の本質をここでやっとみられて、私は安心しましたねw


・雫ルート

雫について、直哉についてもっともわかるルート。
私は雫というキャラクターが体験版時点で
あらゆる面において無頓着なところや、抑揚の付け方、表情の変化、そんなところに惹かれました。
いやあ、まさかそこまで伏線だったとは。
里奈ルートで伯奇が出てきた際、伯奇は里奈の生まれ変わる前だと勝手に思ってました。
これもまさかのお前かー!っていう驚きが。
吹に関しても稟で終わりだと思ったいたので衝撃的でしたね。
終わり方も次の展開が気になるもので大変よかったです。


・Ⅳ

一番好きなルートでした。
特に健一郎はこれまで芸術家、そして直哉の父としてしか語られていないキャラだったので、
実際に彼がとった行動がとても新鮮に、そしてワクワク感じられました。
ただ、水菜に関しては一途と言っている割には
渡米など非常に深い理由はあれど淡泊すぎない!?と思ったりもしました。
プレイが短く感じられましたね。中
村家との関わりや、藍、そして夏目家という憩いの場の真相が大変面白かったです。

・Ⅴ及び藍ルート

一番物申したいルートがこのルート。
いくつか言いたいことがあります。
まず1つ。
真琴でも軽く述べた通り、圭というキャラクターが個別ルートでほとんどフェードアウトする点について。
共通ではしつこいぐらいに出てきた圭。
個別ルートで親友ポジのキャラクターが急にフェードアウトするっていうのはわかります。
どのルートでもムーア展に向けて筆を進めるも”完成はしなかった”というのは良い伏線だったと思います。
ただ、稟がとった行動、雫が受けた衝撃、直哉を変えた出来事として圭の死を描くのならば、
共通での出番を減らし、個別で直哉を陰で支える存在として、描いた方がプレイヤーへの衝撃が大きかったのではないかと思います。
Ⅴではスポットがあたりましたが、フラグにしか見えませんでした……。

その2。
Ⅴの最後。稟がとった行動について。
通常主役級キャラがこのような行動をとる際、起承転結の転部分だと思うんですよ。
物語の最後でここくる!?とびっくりしました。
ここまでも長かったし、次はきっと色々また何か直哉とあって、伏線回収がされて、
美少女ゲームとして相応しい結があるのだろうそう思っていました。
ところがどっこい。稟はそのまま稟なりの終わり方で結を導き出します。(ここら辺はⅥで描かれますが)
圭の死という存在が、物語を進める為のイベントにしか見えなかった私としては、
稟がどういった気持ちでその結を導いたのか。理解はすれど、納得ができませんでした。
やっぱりここは美少女ゲームなんだから、直哉と何かあって二人で解決をしてほしかったなあ。

その3。
藍ちゃんルート短い!!!もっとイチャイチャさせて!!!
こんな暗い状態で藍ちゃんルート迎えるなんて思ってなかったよ!!!
もっと普通のニコニコできるハッピーエンドみたいよ!!!


・Ⅵ

ええええ10年後!?健一郎と同じ道進むの??ここにきて新しい立ち絵いっぱいキタ――(゚∀゚)――!!
みんなロリだったのにいつの間にかこんなグラマラスになって……チクショー! 

色々と言いたいことがあるのですが、あえてⅥは感想あまり書きません。
あ、やっぱり二言だけ書かせてください。

藍ちゃんルートこっちじゃないですかー!

……雫って、感情をまた失ってしまったんですか……?
…………
……
サクラノ刻はよ!!!!!!!!!!雫と稟救済しろ!!







Comment:0  Trackback:0
2015
11.03

サクラノ詩クリア

Category: いろいろ

お久しぶりです。シコシコとサクラノ詩クリアしてました。
今はプラハ2をプレイ中。

全然作風が違う2作で面白いね。

あとでサクラノ詩は感想あげたいと思います―。


とびうお
Comment:0  Trackback:0
2015
09.09

プラハカフェ行ったり。

Category: れぽーと

実は先月プラハカフェ行きました。
安定のアリスティアちゃんセットを注文しましたよー!

おしっコンティ、パインパンケーキ美味しかったです。
店内では恋マリ、プラハ、2のOPがずっと流れてました。
また壁にはポスターが沢山飾られており、眺めが爽快でした!!

ここのカフェ、コラボしょっちゅうやっているので割と頻繁に行っているのですが、
少々わかりづらいところに位置してますよね。
一番最初に行ったのがあおかなカフェ第一弾の時だったんですけど、
道に迷って迷って……。外に大きなポスターがあっても素通りしちゃってたくらいでした(^^;)

結局人に道を尋ねてなんとか辿り着いたのですが…
いや~わかりづらい。


もし行かれる方は先に地図アプリなんかで確認しておくことをオススメします。


とびうお
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。